読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブンブク茶の間

SFと恋愛が大好物。恋愛はSFだ。

「俺の」シリーズの本 『俺のイタリアン、俺のフレンチ -ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくりかた』

f:id:tutti1990:20160213144033j:plain

※「俺の」シリーズで提供される、実際の料理ではありません。

何を食べるかより、誰と食べるかって、重要だと思う。

でも、それでも、何を食べるかも重要だと思うんです。

美味しいものを、気が合う人と食べることが出来たら、幸せですよね。

 

 

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 

 

俺のシリーズを知っているだろうか。

 

“一流の美味しい料理をつくり、それを驚くほどリーズナブルな価格で提供する。”

これをコンセプトとした飲食店だ。

 

「一流の美味しい料理」というだけあって、

メニューには「トリュフ」「フォアグラ」「キャビア」などの3大珍味をはじめ、

ワインや肉料理など、高級店でしか味わえないような食材が

1品1,000円~2,000円の価格で提供されている。

 

その店内も異彩を放つ。

 

「立ち飲み」なのだ。

レストランの立ち飲みなんて、聞いたことがあるだろうか。

 

「立ち飲み」と聞けば、下町の居酒屋のようなイメージがあるが

この「俺の」シリーズも、大半が立ち飲みなのだ。

それは、とても高級食材を扱うようなお店とは思えない。

 

そして、ここで働くシェフもまた、

ミシュランの星付き店出身者が多数を占める。

食材が一流であれば、料理人もまた一流。

 

この本では、「俺の」シリーズがいかにして

一流を貫き、リーズナブルな価格で私達に料理を提供しているのかという

企業努力が書かれている。

 

まず、この秘密には先程の「立ち飲み」が大きく関係しているのだ。

店内を立ち飲みシステムにすることで、お店の回転率を上げているのだ。

 

飲食店などでは、椅子の高さを上げれば上がるほど、

お客さんの滞在時間が短くなると言われている。

「立ち飲み」はその究極系といえる。

 

店の回転率を上げる事で、売上を伸ばし、

一般的なレストランでは原価率30%のところを、

理論上88%まで上げることができるシステムを作り上げた。

 

その結果、商品の価格を下げ、一流の料理がリーズナブルな価格で提供されているのだ。

 

この本の中では、

そのような企業努力が行われる背景や、一流料理人の思いなどについても

詳しく書かれている。

 

企業に関する本は、多く出版されているが

消費者側として、「食」は興味深いテーマである。

 

そんな食に関する「企業努力」一度、ご覧になってはいかがだろうか。