ブンブク茶の間

「付き合う前」の、あの感覚が、最高に楽しい。

習慣化できない「日記」を習慣化する方法 ~自分を定点観測するという話~

f:id:tutti1990:20171008154913j:plain

ぼくは高校時代から、10年近く日記を書いてきましたが、その10年かけてようやくしっくりきた日記の書き方があったので、今回はそれを紹介します。

 

人間は、忘れる生き物

まず、前提として人間は忘れる生き物です。
そう。「日記を書こう」と思っていたことすらも忘れてしまう。そんな生き物です。


エビングハウス忘却曲線というものがあります。
カッコイイ言葉なので、これは覚えておいた方が良いです。

f:id:tutti1990:20171008155223g:plain

出展:Trinity Weblog [TriLog]

どんなものかと言うと「記憶力の保持率」の話です。

ドイツの心理学者 エビングハウスが行った「無意味な文字の羅列をどこまで覚えていられるか」という実験を行った結果、

人間は、

・20分後には、48%のことを忘れ

・1時間後には、58%のことを忘れ

・1日後には、74%のことを忘れる

という、そういう実験データのことをいいます。
なんとなく聞いたことがある…。という人もいると思いますが、これ覚えておくとカッコイイです。

昔、天才的な保険の営業マンにめっちゃゴリゴリに営業をされてぼくが「ちょっと家に持ち帰って考えさせてください。」と言ったところその天才的な営業マンが、

エビングハウス忘却曲線って知ってますか?人間は時間が経つと忘れてしまう生き物です。1カ月も経つと、今日の話の79%を忘れてしまいます。どんなに大切なことでも。ですから、3日後また会って話をしましょう。」

と言われ、

「(なんやこいつ。というか『エビングハウス忘却曲線』って、めっちゃカッコイイワードやんけ。)」

と思いながら、きっちり3日後にお会いして、保険に契約したことがあります。
※ぼくの名誉のために言いますが、ぼくが単純だったのではなく、彼が天才的でした。(ということにさせてください。)

 

「人間は忘れてしまう生き物。」それを前提として考えると、メモや日記が大切だということがわかります。

ぼくは以前から、日記を書いていたのですが、なかなか習慣化できませんでした。三日坊主がずっと続きながら10年以上が経ちました。もう三日坊主も10年以上続くので、文字通り坊主として出家できそうなレベルです。

しかし最近、そんな日記を「効率的に習慣化する方法」があって、実際に自分でやってみてまる1カ月続いたので、紹介します。

 

なぜ日記を書くのか?

そもそも、なぜ日記を書くのか。という事から考えましょう。

人によって色んな理由があって当然なのですが、ぼくの場合は「思考の整理」という意味がありました。思考の整理というのは、具体的に言うと「何を見て、どう感じたか。」ということです。日記そのものの特長でもあるように、昔書いていたものを読み返し「思い出」として残すという目的もありますが、その先には

「あの時、こんな事を考えていたんだなぁ。」という振り返りです、更に日記の真骨頂はそう感じたあと「あの時、こんな事を考えていたんだなぁ。では、今は?」です。

過去を振り返って「今、どう感じるのか」を考えること。

それが日記を書く理由だと、ぼくは考えました。

その前提のうえで、もっと効率よく考えるにはどうしたら良いかという事を考え、思いついた方法がこちらです

 

毎日同じ質問をすること

・用意するもの

 スマホ(ノートでも良いですが、コピペのできるデジタルの方が簡単で効率が良いです。)
 EvernoteGmail

 

まず、30項目ほどの質問を用意します。
参考までに、ぼくの項目をいくつか

 

■今日何があった?

■誰に会った?

■新聞は読んだ?

■目標は読んだ?(別で用意した、忘れたくないことや、年始に立てた目標)

■筋トレはした?

■今欲しいものは?

■何が食べたい?

■明日、何時に起きたい?

■その時間に起きて、何をしたい?

■今年、絶対にやり遂げたいことは?

■今月、成し遂げたい事は?

■明日、必ずやらなくてはいけない事は?

■その目標を達成するために最小限やらなくてはいけないことは?

■目標達成を邪魔するものは?

■やりたいことは?

■やりたくないことは?

■人生を通して、成し遂げたい事は?

 

etc

 

とまぁ、ちょっと自己啓発おじさんみたいな項目も多いですが、この質問項目をテンプレートとして用意しておいて、スマホで毎日ぽいぽいと回答していきます。

コピペした項目の下に、スマホで答えていくだけなので、

所要時間約5分です。

Gmailを使ってもいいですが、ぼくはEvernoteが一番使いやすかったです。
電車の中でも、トイレでも、どこでもできます。

 

毎日同じ質問をすることで、翌日書く時に「あっ、昨日はこう考えてたんだな」みたいな反復ができます。そうして、自分が忘れたくないことや、考えていることを定点観測することができます。

 

自分を定点観測するということは「自分を知る」ということです。

これで何か変化があるかは分かりませんが「自分のことを知っている」ということは、今の時代、物凄く大切なことだと思います。

膨大な量の情報が溢れかえって、色んな人の考え方が流れ込んできて、何が正しくて何が間違っているかの判断すらつかなくなってくる。そうするとどんどん苦しくなってしまいますが、自分が何を好きで何がしたくて、何を大切にしたいか。それをさえ忘れなければ、1本の軸が通って、すごく魅力的な人間になれる気がします。

 

「自分の事を知るための、定点観測」

 

参考までにー