ブンブク茶の間

「付き合う前」の、あの感覚が、最高に楽しい。

いま求められる力、第1位「コミュニケーション能力」とは

恋愛の記事がなかなか進まなくて、違うカテゴリに逃げている訳ではありません。
書きたいことがあり過ぎるので、現在整理しております。

 

今日は、恋愛にもビジネスにも密接に関係する「コミュニケーション能力」の話をします。

 

 

初めて営業セミナーに行ってきた

先日、休日の予定ががまるっと空いていて、特にデートの予定も無かったので、ふと何をする時間にしようかな?と思って、意識高く「営業セミナー」に行ってきました。

ぼくは大学4年生~現在27歳までの5年間という短い間ですが、ずっと無形商材を売る法人営業をしています。

そこで今更思ったんですが「営業って勉強したことないな」と。営業のセミナーに行ってきました。

内容はさておき、その中で頻繁に出てきたキーワードがあったので紹介します。

 

求められるのは「コミュニケーション能力」

もうね。営業セミナーの最中にこのワードが出てきた時は吐きそうになりましたね。
「結局そこ?」つって。もう手垢が付きまくって真っ黒になっているような、ブラックワードですよ。「コミュニケーション能力」。でも、これだけ沢山の人が言っていたり、就職活動でも求められる力なので、流石に無視できないのは確かです。

では、皆さんは「コミュニケーション能力」って何か考えたことがあるでしょうか。そもそも、自分は「コミュニケーション能力」がある方か、ない方か。それくらいは考えて見たほうがいいかもしれません。

相対的にみて、自分はどうなのか?一回考えてみてください。

 

コミュニケーション能力は、もうかなり色んな事を包括している言葉です。

Q.求められる力は? A.コミュニケーション能力です。

 

こんな感じで、包括的過ぎて意味が分かりません。

 

Q.あなたは誰ですか? A.人間です。

 

って言っているくらい、包括的過ぎて「あれ?この人ちょっと頭おかしいのかな?」ってなるくらいです。


前置きが長くなりましたが、その営業セミナーでも頻繁に言われていて、多少詳しく説明されていたので僕なりに咀嚼して書いておきます。

 

 

コミュニケーション能力とは「信頼される力」

信頼される力。

コミュニケーション能力を、こう言い換えて良いと思います。

というのも「信頼される」っていうのは、コミュニケーション能力よりも多少具体化されて、どの場合でもイメージしやすい言葉です。

 

業種・立場によって変わる「信頼される力」

例えば、スポーツ選手における「信頼される力」といえば、これはもう技術です。言葉ではないんです。スポーツにおいては、技術が一番大きな信頼です。

サッカーや野球を見ていて、めっちゃ性格の悪い選手がいたとしても毎打席塁にでる選手や、毎試合ゴールを決める選手。そんな選手がいたら、性格に難があろうと、信頼されます。

 

ビジネスマンにおける、コミュニケーション能力はまた違ったものになるでしょう。商品の知識があったり、お客さんのことをしっかりと考えてくれていたり、そういう細かい気遣いが、信頼される力であったりします。

 

自分の職業で、何が(どんな知識や技術)があれば信頼されるのか、考えてみても良いかもしれません。

 

本質的な「信頼される力」とは

技術や、知識は、完全に後付けの力です。冒頭に戻って、本来求められているのが「コミュニケーション能力」であることをもう一度思い出してみましょう。

 

コミュニケーション能力 = 信頼できる力 = 技術・知識

 

…何か足りない気がしますよね。だって、この方程式だと

 

コミュニケーション能力 = 技術・知識

 

という事になってしまう。それはしっくりこない。

「技術と知識さえあれば、コミュニケーションが成立する?」そういう訳ではありません。他に何が必要か。技術・知識の背景にあるものをもう一つ掘り下げて考えてみましょう。

 

信頼される力とは「安心感」

先に例で挙げた、技術・知識のあるスポーツ選手・ビジネスマンの共通することを考えてみると、それは安心感です。

 

信頼できる力が安心感に置き換えられなければ、コミュニケーション能力とは言えません。

 

物凄く技術はあるのに、ゴールを決めないサッカー選手。

知識はあるのに、役に立たない営業マン。

これには共通して、安心感が足りません

 

コミュニケーション能力 = 信頼できる力+安心感 = 技術・知識+安心感

 

こんな感じかな…(式が微妙)

 

 

人から安心感を得るには(一般論)

安心感の最たる例が「挨拶」です。挨拶が出来る人はなぜか安心ができます。
他にも自分が話している時に相槌のタイミングが良かったり表情が豊か(緊張していない)ということも、安心感につながります。

 

新人のお笑い芸人の、ネタ自体は面白いのに、彼らが緊張していたらその緊張がお客さんにも移ってしまって、安心して笑えない。という話を聞いたことがあります。

 

まとめ

コミュニケーション能力とは、信頼される力です。そして、信頼される力とは「安心感」と言い換えられます。

 

一般的に人が、他人から安心感を得られるというのは

1.いい反応をすること

 ①相槌が良い。

 ②表情が豊か。

 ③欲しい返しがある(面接などで重要・時にはある程度知識も必要)

 

2.承認すること

 ①相手を褒めてあげる

 ②相手の行動を認めてあげる

 

とくに、技術や知識に関しては、1-③を補完する能力と考えていいかもしれません。

 

そんな感じで、営業セミナーの振り返りでしたー。

まぁ、ものを売るって「安心感」が大切だったりしますからね。